海苔(のり)の大森屋 HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

大森屋についてご紹介します。

昭和30年3月 大阪市福島区大野町に、加工海苔の製造販売を目的に資本金450万円をもって、株式会社大森屋を設立。初代社長に楠瀬好得就任。
昭和30年7月 大阪市福島区十六町に、新工場並びに原料倉庫を建設。
昭和31年9月 大阪市福島区十六町(現在地)に、本社を移転。
昭和37年2月 製品優秀につき大阪府知事賞を受賞。
昭和39年4月 代表取締役社長に楠瀬好子就任。
昭和41年3月 製品優秀につき、水産庁長官賞受賞。
昭和41年5月 現在地に本社新社屋建設。
昭和41年10月 製品優秀につき、農林大臣賞受賞。
昭和44年10月 東京駐在所(現在の東京支店)を開設。
昭和45年6月 福岡県山門郡大和町に福岡工場建設。
昭和46年4月 九州地区販路開拓のため、福岡市に福岡営業所を開設。
昭和47年1月 大阪市此花区に大阪配送センター建設。
昭和48年6月 福岡工場増築、第二期工事完成。
昭和51年6月 東京都練馬区に東京支店の新社屋を建設。
昭和52年11月 代表取締役社長に稲野幸治就任。
昭和54年10月 西宮市山口町に大阪配送センターを新築移転し、関西物流センターに名称変更。
昭和55年1月 大阪工場を此花区西九条に新築移転(平成元年7月廃止)。
昭和55年9月 「しらすふりかけ」の製造販売を開始。
昭和60年11月 福岡工場第三期工事竣工。
昭和61年11月 当社専用の加工海苔製造工場として、大森実業株式会社九州工場(現当社広川工場)完成。
平成元年2月 販売体制強化のため営業本部制を敷き、全国を5地域に分割しブロック制を導入。
平成元年7月 業務用製品の販売強化をはかるため、特販部を新設。
平成2年10月 本社営業部を大阪支店に名称変更。
平成5年6月 お茶漬け海苔詰め合わせの新シリーズの製造販売を開始。
平成6年3月 「緑黄野菜ふりかけ」の製造販売を開始。
平成7年6月 日本証券業協会に登録され、株式を店頭公開。
平成10年4月 大森実業株式会社を吸収合併。
平成11年3月 特販部を此花区西九条の旧大阪配送センター内へ移転。
平成11年3月 「お茶漬亭」の製造販売を開始。
平成12年11月 品質保証の国際規格ISO9002認証取得。
平成13年7月 「お吸いもの亭」の製造販売を開始。
平成15年5月 ISO9001:2000年版認証取得。
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年2月 「しじみわかめスープ」の製造販売を開始。
平成20年8月 「カリカリ梅」シリーズの製造販売を開始。
平成22年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場。
平成25年4月 代表取締役社長に稲野龍平就任。
平成25年7月 大阪証券取引所の現物市場が東京証券取引所の現物市場に統合のため、東京証券取引所(JASDAQ市場)に上場。
平成29年6月 代表取締役社長に稲野達郎就任。