海苔(のり)の大森屋 HOME > SDGs 取組みについて

SDGs 取組みについて

大森屋のSDGsの取組みについてご紹介します。

大森屋のこだわり SDGs

社是でもある「社会的存在価値ある企業」として当社が社会に貢献するためには、SDGsへの取り組みも重要なテーマです。
当社は事業活動を通じて、「大森屋にできることから始める」をコンセプトと位置づけし、[社会貢献][環境][働きがい]を中心にした取り組みを行っております。
この取り組みを通じて「つくるひとが楽しい、食べるひとがうれしい」社会が実現し継続しつづけられるように貢献してまいります。

社会貢献

食糧支援

写真 ©WFP/Rein Skullerud

国連WFPを通じた、学校給食や母子栄養支援に貢献(紛争や災害地域の人々の命を守るための食料配給や給食支援によって、子供の栄養状態改善、教育の機会を広げる)しております。

教育支援

全世代を対象に、海苔の勉強会や、お得意先様の売場での「自分だけのふりかけ」を作るイベントなどを通して、食べることの楽しさ、親子、孫、友人同士との共同作業による家族や人とのつながりの大切さをつたえる取り組みを行っております。
また食品栄養に関係する大学との学生によるレシピコンテストの開催や商品の共同開発など、学生の学業、食育、キャリアプランにも貢献しております。

商品開発

当社の商品ラインナップには、ミネラルを多く含んだ海苔を筆頭に、現代人に不足しがちな様々な栄養素を含めたものが多数あります。一例としまして多くの皆様にご購入いただきおかげさまでロングセラーとなっております「緑黄野菜ふりかけ」には植物性乳酸菌やビタミンB1、「小魚ふりかけ」にはカルシウム、ビタミンD、鉄を配合して栄養機能食品として販売しております。 ほかにもクエン酸を配合した「カリカリ梅シリーズ」等もあり、「健康」をテーマとした商品の開発も行っております。

環境

FSC森林認証マーク

2020年より一部の進物製品から配送用ダンボールを、FSC森林認証マークの入った包材に順次切替を始めます。この取り組みは、国際機関である森林管理協議会の認証を得た包材を使用することによって、自然林の保全や保護はもちろんのこと、安全な水の供給や気候変動対策等にも波及効果があり貢献につながります。

バイオマスインキの使用

2020年よりロングセラー製品である「緑黄野菜ふりかけ」「小魚ふりかけ」のリニューアルに伴い、環境に配慮したバイオマスインキを製品の印刷に使用してまいります。
この取り組みは、地球温暖化の要因と言われている二酸化炭素の削減とともに、化学物質の排出削減による生態系の保護等にも波及効果があります。

働く環境づくり

作業環境に配慮

当社の製品の生産拠点である、福岡県、兵庫県の工場では「見やすい構内ディスプレイ」「聴き取りやすい構内音響」「手すり、滑り止め」等安全、衛生面といった作業環境に配慮して、性別や年齢にかかわりなく快適に働ける環境づくりに取り組んでおります。 また全社一丸となって法令に準じた「年次有給休暇取得推進」「時間外労働削減」を進めており、ワークライフバランスによって従業員のモチベーションアップと生産性向上につなげております。