海苔(のり)の大森屋 HOME > 武庫川女子大学食物栄養学科 × 大森屋 第3回レシピコンテスト

武庫川女子大学食物栄養学科 × 大森屋 第3回レシピコンテスト

top-pic

当日の様子

no-text-2

今回は、衣にカリカリ梅シリーズを使いました。 カリカリ梅シリーズはしっかりと味があるので、塩、こしょうといった下味やソースをかけなくても美味しく食べられます。 お弁当のおかずやサンドウィッチの具などにも活用することが出来ます。

product-button

最優秀賞はこちら

no-text-3

火も使わずとても簡単にできます。 お酒のつまみに合う味でクラッカーにのせて食べたり、チーズにプラスしたり、 チーズの代わりに他のあて海苔をふりかけても美味しくなります。

product-button

優秀賞はこちら

no-text-4

カリカリ梅の酸味とはちみつの甘味のバランスが良く、クセになる味です。 見た目もチーズからカリカリ梅が透けて見えてピンク色になっております。 簡単にできるので忙しい朝でもすぐに作ることができます。

product-button

優秀賞はこちら

no-text-5

大人から子供まで幅広く好んでもらえるような具材の組み合わせと味付け、のりの風味が感じられるようにしました。具材を混ぜ合わせパイ生地で包み、オーブントースターで焼くだけなので手間がかからず短時間で簡単に作ることが出来ます。 子供の小腹がすいたときのおやつや、お酒のおつまみにぴったりだと思います。

優秀賞はこちら

product-button

no-text-6

家にあるあたり前の材料で簡単に出来て、アレンジも多様で、海苔の風味、味付けを活かしたレシピに仕上げました。

product-button

優秀賞はこちら

no-text-7

カリカリ、もちもちの食感と 梅が香るあまじょっぱいあんこで、 どの年代の方にも楽しんで食べてもらえる和菓子です!

塩まんじゅうのように、塩味をプラスすることでさっぱりとした甘さに仕上げることができ、食べやすいです。 カリカリとした食感の違いを感じることができ、梅としその良い香りが楽しめます。

product-button

no-text-8

にんにくをおろす手間いらず! 誰でも簡単に作ることができ、ボリュームもあり、スティック状なので食べやすい! 鮭フレークを加えることで見栄えもよく、香りもより豊かに食べられます!

海苔を使ったお菓子を作りたいと考えました。海苔の見た目が黒いため、チョコレートと合わせてみました。ブランデーを加えることで風味もよくしっとりとした食感になりました。チョコレートはミルクだと甘さが勝ってしまうので梅と合うようにビターにしました。

product-button

no-text-9

カリカリ梅に含まれるクエン酸は疲労回復や血流改善に効果的なので、食欲が無いときにも食べやすいゼリーにしました。 作り方が簡単なため、疲れているときにも作りやすいです。

タルタルソースにカリカリ梅を入れることでさっぱりとしたタルタルソースになり、ピクルスやらっきょうと似た食感が楽しめます。今回は高野豆腐の唐揚げに付けましたが、サラダなどにかけても美味しいです。カリカリ梅の塩味だけで塩こしょうは要りません。

product-button

no-text-10

開会式の様子。 第3回目の開催となりますが、皆さん真剣で前年にも増して期待が膨らみます。

今年も皆さん手際よく、かつ和気あいあいと料理を楽しんでいました。

調理中からすでに、「今年もレベルが上っている」と皆さん口々に言っていました。

厳正な審査のもと結果発表です。 ドキドキしながら結果を見守ります。 今年の受賞者は誰なのでしょうか?

受賞者の生徒さんへ賞状の授与式! 審査員の方々も甲乙つけがたいと非常に悩む、皆さん非常に素晴らしい料理を披露してくれました。

恒例の記念撮影です。武庫川女子大学の皆様に非常に多くのご協力を頂き、今年も当コンテストが開催出来ましたこと、この場を借り、改めて感謝申し上げます。

no-text-11

豚ロース脂身付き:80g ローストパン粉:10g カリカリ梅赤しそ:10g

マヨネーズ:15g

Q1、なぜこのレシピを考えましたか? →揚げ物が好きだけど、めんどくさがりなので、簡単になにか出来ないかと考えたのがきっかけでした。
Q2、苦労した点は何ですか? →お弁当に入れてもべちゃっとしないカツに感じるように、5回ほど家で試作して臨みました。
Q3、工夫した点は何ですか? →弁当に入れてもべちゃっとしないことと、後片付けも簡単に済むように油を使わないで調理できるようにしました。とってもヘルシーなカツに仕上がっています。
1 豚ロースを麺棒で叩いて肉の厚さを1/2くらいに薄くする。
2 マヨネーズを薄く全体に塗る。
3 パン、粉を2の全面に付ける。
4 カリカリ梅赤しそを表面に全体的に付ける。
5 オーブン(220℃)で15分焼く。 

product-button

no-text-12

アボカド:1/2コ クリームチーズ:1/2枚 マヨネーズ:適量

カリカリ梅シリーズしらす:適量 バジル(乾燥粉):適量 ブラックペッパー:少々

Q1、なぜこのレシピを考えましたか? →考えずにスーパーに行って、アボカドが食べたくなって合うかも!と考えました。
Q2、苦労した点は何ですか? →はじめは、アボカドをそのままの形で考えていたのですが、中身をくりぬいてなめらかにつぶすことで味がなじんでディップ感覚で食べやすくしました。
Q3、工夫した点は何ですか? →カリカリ梅は塩辛いのでクリームチーズを入れることでまろやかに仕上げました。また今回はバゲットにつけて食べてもらいましたが他にもいろんなものをつけて食べてもおいしいです。お酒とも合います。
1 アボカドをカットし皮と実をスプーンor包丁で分ける
2 とり出した中身を細かくつぶす
3 2とマヨネーズ・カリカリ梅・バジル・ブラックペッパー・クリームチーズを混ぜる

product-button

no-text-13

バゲット:2切れ(食パンでもOK) マーガリン:適量 ピスタチオ:適量

カリカリ梅(しらす):小さじ1/2 はちみつ:小さじ1 スライスチーズ:1枚

Q1、なぜこのレシピを考えましたか? →パンが好きなので合わせてみたらどうかなと思いました。
Q2、苦労した点は何ですか? →はじめは、カリカリ梅とチーズとはちみつだけだったのですが、色合いを考えて色々と試作した上でピスタチオにたどり着きました。
Q3、工夫した点は何ですか? →カリカリ梅は塩辛いのではちみつと合わせると食べやすいのではないかと 考えました。さらにチーズを加えることでマイルドに仕上げました。
1 バゲットを好みの厚さに切ったものを2枚用意する。
2 バゲットにマーガリンをぬり、カリカリ梅・ピスタチオをまんべんなく広げる。
3 2にはちみつをかけ、スライスチーズをのせる。
4 トースターでチーズが溶け、パンに焼き色がつくまで焼いて完成。

product-button

no-text-14

パイシート:1/3枚 ツナ缶:45g マヨネーズ:15g

コーン:10g あて海苔(あさりバター味):2枚 卵黄:1個

Q1、なぜこのレシピを考えましたか? →家にあるもの(常備品)でなにか作れないかと思ったのがきっかけです。
Q2、苦労した点は何ですか? →大人から子供まで好きなツナマヨ味で考えました。
Q3、工夫した点は何ですか? →家にあるもの、ツナ、コーン、パイシートなどで簡単に作れるレシピにしました。
1 パイ生地を綿棒でのばし、3等分して正方形に整える。
2 ツナ、マヨネーズ、コーンを混ぜ合わせ、海苔は三角形に切ってパイ生地の片側にのせる。
3 パイ生地で具材を包み端をフォークで閉じ型をつける。
4 パイの表面に溶いた卵黄をぬる。
5 トースターの網の上にアルミホイル、天板の上にクッキングシートを敷いてパイを焼く。
パイの表面に焦げ目がついたらアルミホイルをかぶせて5分程度焼く。

product-button

no-text-15

マカロニ(ゆで)30g×3 A.オリーブ油:5g 塩・こしょう:適量 あて海苔(ガーリック):4〜6枚

B.ごま油:5g 塩こしょう:適量 あて海苔(あさりバター):4〜6枚 白ごま:適量 C.マヨネーズ:7〜12g あて海苔(てりやき):4~6枚

 
Q1、なぜこのレシピを考えましたか? →留学から帰ってきてレシピを考えた時、パスタが目に入って合わせてみようと考えました。
Q2、苦労した点は何ですか? →あて海苔はさまざまな味があるので、1つの味にこだわらずに複数の味を考えました。
Q3、工夫した点は何ですか? →パスタに味が絡みやすいように、3種類の味付けを考えました。今回はマカロニで小さく食べやすく仕上げましたが、パスタなどに変えても食事としても楽しめます
1 マカロニをゆでる
2 30gをオリーブ油で和え、塩こしょう、のりで味付ける(A)
3 30gをごま油で和え、塩こしょう、のりで味付ける(B)
4 30gをマヨネーズで和え、のりで味付ける(C)
5 トースターで650Wで約5分、1300Wで約1分焼く

product-button